中小企業経営者、建設業・運輸業の一人親方の労災保険特別加入はお任せください。

ホーム ≫ 労働保険とは

労働保険とは

労働保険とは

労働保険とは、労災保険(労働者災害補償保険法)と雇用保険(雇用保険法)を合わせて一つの保険関係として取扱う保険をいいます。
労働者災害補償保険法、雇用保険法により、農林水産業の一部を除く全産業が当然適用となっています。
従って、工場、事務所はもちろん、商店、病院、食堂等の事業所でも、労働者を1人でも雇っている事業主は、労働者が希望すると否とにかかわらず、労働保険(労災保険・雇用保険)に加入しなければならないことになっています。

一般拠出金とは

一般拠出金とは、「石綿(アスベスト)による健康被害の救済に関する法律」により、石綿健康被害者の救済費用に充てるため、労災保険適用事業場の事業主が負担しなければならないことになっています。

※石綿は、全ての産業において、その基盤となる施設、設備、機材等に幅広く活用されてきました。このため、健康被害者の救済にあたっては、石綿の製造販売等により直接に利益を得た業種のみならず、すべての労災保険適用事業場の事業主が一般拠出金を負担することとなります。

PAGETOP

資料請求請求フォーム 中小企業経営者 労災特別加入 建設業・運輸業 一人親方の労災加入 資料請求・説明会お申し込み
中企団事務組合 建設業・運輸業一人親方事務組合

〒111-0036
東京都台東区松が谷1-3-5
JPR上野イーストビル2F
TEL:03-5806-0294
FAX:03-5806-0293

中企団労働保険事務組合・一人親方組合では中小企業経営者、建設業・運輸業の一人親方の労災保険特別加入の手続きを行っています。第一線で活躍されている経営者や現場で働く一人親方のために、万が一の時に備えた労働者災害補償保険(労災保険)のご加入をおすすめしています。国の保険制度により少ない掛け金で大きな安心を備えることができます。労災保険の特別加入のご相談は中企団労働保険事務組合・一人親方組合までご相談ください。

当サイトはSSLを利用しています